Border 上路 市剛

前回、ご好評いただいた大和田良氏の「Wine collection」に続いて、リファーレ自由が丘での現代アート作品展示は上路市剛氏による「Border」が開催となります。現代アートを身近に感じて頂き、新進のアーティストの発表の場を提供することを目的とした定期的なイベントとなっています。ライフスタイルの一部にアートを置くことで、生活が豊かに、鮮やかなものとなります。ご自分の好きな作品を前に心落ち着く空間を作るためには、多くのアーティスト作品と出会い、共鳴することが大切だと考えています。アートギャラリーでは味わえない、小売店での近い距離でのアート展示となっています。気の向くまま、ゆっくりとアート作品を味わってください。人の流れの中で、時が止まったようなお客さまと作品の関係を味わってください。ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

上路 市剛 Ichitaka KAMIJI
1992 大阪生まれ 東京在住
2015 京都教育大学教育学部美術領域 卒業
主な個展
2015 「re:mail」ギャラリー知/京都
2018 「Realism of Sculpture -A Reek of Horniness-」みんなのギャラリー/上野
2019 「Realism of Sculpture -The Place of Holiness-」A/D ギャラリー・六本木
2019 「Realism of Sculpture -A Reflection of Self-」清アートスペース/四谷
2020 「Realism of Sculpture」HOLE IN THE WALL/渋谷
2021 「上路市剛作品展」蔦屋書店/銀座
主なグループ展
2015 「TENGAI 2.0」A/D Galery/六本木
2015 「巧術其之陸 濫觴」ギャラリー点/金沢
2016 「SICF16 受賞者展示」スパイラル/青山
2016 「Japanese Contemporary Art Show」セントラルスクエア/フィリピン
2017 「アーホ展 vol.2」西武百貨店 オルタナティブスペース/渋谷
2017 「華炎-The Passion-」Lower AKIHABARA/神田
2018 「大Ah!!rt 展」西武百貨店/渋谷
2018 「̃輝く異才̃注目のコンテンポラリー作家展」アールグロリュー/銀座
2019 「INTERMEDIA ART PROJECT EXHIBITION」Neptune Gallery/台北・台湾
2020 「アーティストの本棚」みんなのギャラリー/上野
2020 「ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイド」(ヒルサイドフォーラム/代官山
2020 「UNTITLED」清アートスペース/四谷
2021 「アールグロリューPOPUP(人気作家抽選販売会)」大丸/東京
主な授賞歴
2015 SICF16 準グランプリ

「Border」はリアリズム彫刻の肌の塗装技術を使って、肌の色のみを抽出した作品です。この塗装技術は、ハリウッドの特殊メイク産業の中で培われたもので、赤・青・緑・黄・オレンジ・紫などのいわゆる「肌色」ではない複数の色を用いて肌の色を表現する技術です。この作品は色の違う面の組み合わせで出来ていて、マーク・ロスコの抽象画のような視覚効果を生み出していますが、実のところは、日焼け跡などの、肌の色に差がある箇所の境界線を描いています。人間の肌の色は千差万別です。その違いは、メラニンの密度に由来します。科学的な話をすると、人間の肌の色の違いは、黒とか白とか黄色などの「色の違い」ではなく、メラニンの密度の違いで、色彩学の用語でいうと「明度の違い」です。つまり人の肌の色は「暗いか、明るいか」と表現すべきなのです。
「Border」は彫刻作品の肌の色を抽出した「抽象画」でありながら、現実的なモティーフは「日焼けの境目」を描いていて、一方では、昨今大変な問題になっている「人種間の壁」に問題意識を感じながら作られた、複数の意味での「境界」をコンセプトとする作品です。

開催場所:リファーレ自由が丘 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-24-1 TEL03-6421-1310

開催日時:7月14日(木)~8月1日(月)火・水定休 営業時間は店舗営業に準じます。 AM12:00~PM20:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA