PUMA×MAISON KITSUNE

2021年11月13日(土)から販売開始となる「PUMA×MAISON KITSUNE」のスニーカーは当店では2型ご用意しております。

まずは前回、発売と同時に即完売となったプーマを代表するモデル「ROMA」をMAISON KITSUNEらしい雰囲気に仕立てたスニーカーです。

クラシックな雰囲気が漂うPUMAを代表するモデル
アイコニックなキツネの刺繍が特徴的なスニーカーです。

1968年に登場したサッカーシューズ「ROMA」は、プーマの歴史の中でも人気が高いデザインであり、時を経ても人気のクラシックスニーカーの代表モデルです。クリーンなホワイトレザーを纏ったミニマルなアッパーと、カカトにあるキツネのワンポイント刺繍が足元をシンプルに飾ります。

そして、今回のコラボレーションで当店で展開するスニーカーがプーマのもうひとつの代表モデル「SUEDE」です。1968年に「ROMA」と共に生まれたスニーカーは80年代に数々の有名アーティストの足元を飾り、人気を博しました。また、ヒップホップカルチャーやスケートボードシーンでは欠かせないアイテムとして、世界中で人気です。50年以上の時を経てもなお愛され続ける定番に相応しい1足です。

新たな試みとしてクレープソールを採用しています。
カカトのキツネの刺繍がワンポイントです。
シュータンのPUMA×MAISON KITSUNEのロゴ
ソールにはスウェード初のクレープソール

イギリスのパンクロックファッションで定番のクリーパー(厚底のクレープソール)からインスピレーションを受けたかのようなサイドテープで巻かれたクレープソールは、今までにないスニーカーの雰囲気となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA